巷の専業主婦がいいっていうクレジットカードを検討してみた

主婦に人気のスーパー系のクレジットカード

主婦に人気のクレジットカードというとスーパー系です。

スーパー系は特定の日に買い物をすると割引で商品を買えたり、ポイントが2倍貰える日など家計の節約に繋がります。

しかもほとんどのスーパー系は年間費無料で入会できるので持っているだけでお得なサービスを受けられるわけです。

全国で使えるスーパー系は特定の日に買い物をしてカード支払いをすると5%の割引になります。

5%の割引日にまとめ買いや高額商品を購入している方も多く、上手に家計のやりくりをされています。

また、今はほとんどの大手スーパーのクレジットカードがあるのでよく利用するお店のものを選ぶ事が出来ます。

大手スーパーは全国にありますから、万が一旦那さんの転勤で引越しをした時にも引越し先のスーパーで使えます。

もちろん、公共料金やネットショッピングの支払いでもポイントが貯まります。
今はポイントを貯めるために光熱費や携帯料金などすべてクレジットカード払いで済ませている方も多いと聞きます。

また、学生にはコンビニ系が人気です。

特に一人暮らしをしている若者にコンビニ系は人気で、貯まったポイントで商品の支払いに使えるなど節約しながら生活している学生にはよく利用するコンビニ系を一枚持っていると便利です。

レジの支払いもスムーズになりますし、スーパー系と同じように特典サービスも充実しています。

ですから、これからスーパー系やコンビニ系に入会するならそれぞれお店のものを比較して決めるのがお勧めです。

クレジットカードの肝はカード裏面にあり?

何処のクレジットカードを所有しているのかと誰かに聞いたら、少なくとも国内で著名なブランドの名前が出てくるでしょう。

しかしどんなに著名なブランドであったとしても、全ての同ブランド名が入ったカードで、同等のサービスを受けられるという訳ではありません。

また、当該のカードが国際ブランドとも言えるメジャーなカードであったとしても、その企業自身がクレジットカードを発行している訳では無いのです。

大半の場合は、当該のブランドの企業と提携先の企業がライセンス契約を締結し、提携先の企業が入会審査を行い、問題の無い事を確認します。

そして後にユーザーに配布し、個人情報の維持・管理、あるいはユーザーサポート等を行っているという訳です。

カードの表面にはブランド名の他、複数の企業名が刻まれている場合がありますが、こうなってくると、頭が混乱してしまいそうになるかも知れません。

しかし、カードの裏面を見ればその答えは明確になります。
企業名の他に、恐らく郵便番号や住所等の情報も記載されているでしょう。

つまり、それでカード裏面に書かれた企業の業種によって利用可能な、あるいはより便利に使用出来るか否かという事が判断出来るという訳です。
一例を挙げましょう。

例えば航空会社関連の名前が刻まれていたとするならば、マイルを貯めやすくなるサービスを利用出来たり、場合によってはそのポイントを他の商品やサービスを利用出来る様になっていたりします。

ただ年会費が一般的には数千円程度掛かるとか、ポイントをマイルに変換する際に手数料を要求される場合があるので注意が必要です。

しかし仕事やレジャー等で頻繁に飛行機を利用する人であれば、十分に元は取れるでしょうから、その様な人には利用する価値は十分にあると言えます。

クレジットカードのメリットデメリットを考える

クレジットカードを利用している人は多くいますが、所持するにはメリットとデメリットがあります。

最初のメリットは、利便性です。

手持ちのお金が無くてもお買い物が出来ますし、お金を引き出す訳も無いので時間や手数料を気にしなくても良いでしょう。

さらに、高額な買い物をする場合も大金を持ち歩かなくても良く、レジもお釣りが要らないのでスムーズに行きます。

ポイントや特典などのサービスもさまざま受けられて、お得です。

キャッシュバックや商品券、商品との交換や買い物割引などさまざまあり、各カードの種類によって異なります。

保険などが付帯している場合も多いので、海外旅行の損害保険や旅行中の治療費、携行品の破損や盗難などが補償され、他にも会社によって異なるでしょう。

現金と違い、盗難にあった時にも利用を停止する事により、被害を最小限に食い止める事が出来ます。

また、状況によっては、被害額を負担してもらえる会社もあるでしょう。
毎月の支払い明細書を、そのまま家計簿として利用する事も可能です。

デメリットには、まず使いすぎる事が上げられます。
利用額を頭に入れながら、利用する事がお勧めです。

残高確認が必要で、毎月引き落としの時には必ずお金を入れておかないといけません。
支払いが遅れた場合は、利息が付いたりさらに延滞した場合には、ブラックリストに載る事もありますので、注意して下さい。

他にも盗難をされたり、不正にクレジットカードの情報が読み取られるスキミングなどの被害もありますので、必ず注意して明細書などを必ず確認しましょう。

色々使えるクレジットカードで快適な毎日を

最近は、インターネットで買い物する人が増えており、一人一枚はクレジットカードを所持しています。

一括払いを利用すれば手数料が要りませんので、節約に繋がるでしょう。
現金を持ち歩く必要がないので、お金を取られる被害を防ぐ事が出来ます。

さらに、欲しい商品が高額の場合でも、大金を準備する事無く買い物が楽しめるでしょう。
公共料金を一緒に引き落とすと割引になる場合もあって、色々なサービスが利用可能です。

ポイントが貯まるお得なカードもありますので、一人何枚でも所有して使い分けている人がいます。

貯まったポイントは、キャッシュバックで利用したり、商品と交換したり、商品購入の際に割引を利用する事も出来て、さらにはマイルを貯めてお得に旅行に行く人も増えているでしょう。

海外に旅行に行った際にも、買い物がカード一枚で利用出来ますし、ホテルなどでも利用する事が可能です。

また、キャッシング機能が付いているカードもありますので、いざと言う時にもお金を準備する事が出来ます。

ショッピング枠を利用して、現金化する事も可能です。
ただし、年会費などが発生する場合もありますので、しっかりと比較する事がお勧めになります。

クレジットカードを作る場合には、審査を受ける事になるでしょう。
その審査に自信が無い時は、生計を共にする人が親カードを作れば、一緒に家族カードを作る事が出来る場合もあります。

自分に合ったカードを所有する事で、お得に生活が送れるのではないでしょうか。
ショッピングにお金を準備するのに、クレジットカードがかかせない存在です。

各種サービスで活用出来るクレジットカード

米国やヨーロッパの先進国では、キャッシュフリーが常識です。
もちろん現金も市場で使われていますが、大勢の一般市民は、日常的なお買い物をカードで済ませています。

カードで支払った方が何かと楽ですし、信用の面でも利益が大きいのです。
その風潮は日本社会にも浸透し始めました。

既に日本人の多くが、硬貨や紙幣からクレジットカードに移行しています。
現金の信用力が世界随一と言われた日本の世間ですが、今ではカードが使えるお店が急増しました。
一般的な品物だけではなく、近頃ではホテルやレストラン、美容院やエステサロン等、各種サービスの支払いにも対応しているのです。

クレジットカードが一枚あれば、まず外出先で困る事はありません。
コンビニエンスストアからスーパーマーケット、ディスカウントショップ、高級洋服店にホテルまで、街に置かれたありとあらゆるサービスで使えますので、多額の現金をいちいち持ち運ぶより、確実に安全です。

そしてクレジットカードが使える店舗は全国各地に広がりました。
地元のショップだけではなく、旅先のサービスエリアや土産物店でも、ほぼ確実に支払いに充てる事が可能です。

旅先で手元のポケットマネーを消費してしまっても、カードが一枚、お財布にあるだけで、追加のお買い物が楽しめます。

お買い物で生じたコストは、その場で支払う必要が無く、次の月の月末等まで支払いの期間が延びます。

サラリーマンであればお給料を跨ぐため、少々カード払いを多用しても、懐が痛む必要は無く、有意義に旅行やショッピングを日常的に行えるでしょう。

一番お得なクレジットカードの支払い方法とは?

クレジットカードの支払い方法には一括払い、分割払い、リボルビング払いの3つが用意されています。
一括払いとは請求額を一括で支払う方法、分割払いとは請求額を数回に分けて支払う方法、リボルビング払いとは請求額を一定額で支払う方法です。

例えば請求額が10万円の場合を例にしてみてみましょう。
一括払いなら10万円を一度に支払います。

分割払いなら2回、3回、5回・・・と決められた回数の中で選んで支払います。
大体、3回~36回までで組まれており、例えば5回払いを選択すれば、1回の支払いは2万円になります。

リボルビング払いなら毎月一定額で支払います。
例えば毎月1万円ずつ支払っていくように設定すれば、最低10か月で支払いきることができます。
ただしリボ払いには大別して定額方式、定率方式、スライド方式という3つの返済方式があるため、システムによって返済総額や返済期間が多少異なるでしょう。

また、支払い方法によっては手数料が発生します。
手数料の額は各クレジットカード会社により異なりますが、一括払い、分割払いの2回までは手数料の発生はありません。

分割払いの3回以上、リボルビング払いは手数料が発生します。
よって、お得に支払いを済ませたいのなら、できるだけ一括払いか2回払いをしておくのがいいでしょう。

ただ、分割払いやリボルビング払いにしたほうが毎月の支払い負担が少ないという利点はありますので、収入と支出から無理なく返せる方法で計画を立ててみてください。

イオンカードの申し込み審査と口コミなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です